2016年12月23日

Bash on Ubuntu on Windowsのインストール

Windows 10のAnniversary Update(バージョン16.07)にて、Bash on Ubuntu on Windows(Bash on Windows、以下BoW)が利用可能になりました。ただし、標準ではインストールされませんので、以下の手順でセットアップしてください。

1. 開発者モードへの切り替え

スタートメニューから歯車アイコンをクリックして「設定」を表示します。



「更新とセキュリティ」をクリックします。そして、左のメニューから「開発者向け」を選択し、「開発者モード」をクリックして有効にします。



2. Windows Subsystem for Linuxを有効にする

次にコントロールパネルから「プログラムと機能」を呼び出し、「Windowsの機能の有効化または無効化」をクリックします。



Windowsの機能ウィンドウが開きますので、「Windows Subsystem for Linux (Beta)」にチェックを入れます。OKボタンを押すとウィンドウは閉じます。



Windowsが再起動されます。

3. Bashの起動とUbuntuのインストール

コマンドプロンプトを起動して「bash」コマンドを実行します。または、検索ウィンドウで「bash」を検索し、「bash.exe」を実行してください。次のような画面になります。



「y」を入力すると、Ubuntuのインストールが始まります。



4. ユーザーアカウントの設定

インストールが終わると、ユーザーアカウントの登録が始まります。ユーザー名とパスワードを設定してください。Windowsのユーザーとはまったく関係なくても問題ありません。

これでセットアップは完了です。スタートメニューにも「Bash」が登録されているはずなので、そこからBoWを起動できます。



0 件のコメント:

コメントを投稿