2017年1月5日

Chipmunk Basicを使うには?

Chipmunk Basicは、macOS、Linux、Windowsで利用できるBASICインタープリターです。Ubuntuのパッケージはありませんので、公式サイトからダウンロードし展開します。ダウンロードするのは「Chipmunk Basic for Linux/x86-64」です。

あらかじめディレクトリを作っておきましょう。

$ mkdir Basic
$ cd Basic

ファイルをダウンロードし、展開します。

$ wget http://www.nicholson.com/rhn/files/cbas367b5-linux-x86_64.zip
$ unzip cbas367b5-linux-x86_64.zip

展開されるファイルは以下の4つです。

ファイル名説明
READMEReadme
basic実行ファイル(インタープリター)
basic.man.txtドキュメント
man/basic.1manページ用ファイル

対話的に利用するには

かつてのBASICと同じように、BASICインタープリターを対話的に利用するには、実行ファイルbasicを実行します。

$ ./basic
Chipmunk BASIC 367b5
>

行番号からはじまるプログラムを入力したり、「new」「list」「save」「load」といったコマンドを実行したりで来ます。終了するには「quit」です。


BASICプログラムを指定して実行するには

BASICのプログラムファイルを指定して実行するには、引数にファイル(~.bas)を指定します。

$ ./basic sample.bas
Hello, BASIC!
>


0 件のコメント:

コメントを投稿