2017年1月3日

Ruby最新版をインストールするには?

BoWでAPTを使ってRubyをインストールすると、デフォルトではバージョン1.9.3がインストールされます。

$ ruby -v
ruby 1.9.3p484 (2013-11-22 revision 43786) [x86_64-linux]

ここでは、最新のバージョン2.3.3をインストールする方法を紹介します。

まず、Gitがインストールされていないのであれば、インストールします。

$ sudo apt install git

次に、rbenvをインストールします。rbenv(RuBy ENVironment)はRubyのバージョン・環境管理ツールです。複数のバージョンを切り替えて利用することができます。

$ git clone https://github.com/sstephenson/rbenv.git ~/.rbenv

設定を「.bashrc」ファイルに追加します。

export PATH="$HOME/.rbenv/bin:$PATH"
eval "$(rbenv init -)"

ruby-buildをインストールします。ruby-buildは、さまざまなバージョンのRubyをコンパイルし、インストールするツールです(rbenvのプラグインです)。

$ git clone https://github.com/sstephenson/ruby-build.git ~/.rbenv/plugins/ruby-build

コンパイルに必要なツールをインストールします。少し時間がかかります。

$ sudo apt install gcc build-essential libssl-dev libreadline-dev zlib1g-dev

ここでBashをいったん終了して再起動するか、次のコマンドを実行して設定を反映させます。

$ exec bash

いよいよRubyバージョン2.3.3をインストールします。かなり時間がかかります。

$ rbenv install -v 2.3.3

インストールできたら、rubyコマンドでバージョン2.3.3が使えるよう切り替えます。

$ rbenv local 2.3.3

Rubyのバージョンを確認してみます。

$ ruby -v
ruby 2.3.3p222 (2016-11-21 revision 56859) [x86_64-linux]

0 件のコメント:

コメントを投稿