2017年3月1日

ファイル作成時のデフォルトパーミッションを設定するには?(umaskコマンド)

ファイルやディレクトリを作成したときにデフォルトで設定されるパーミッションは、umask値で決まります。umask値とは「0022」といった数値です。ファイルであれば「666」から、ディレクトリであれば「777」からumask値を引いた値がデフォルトパーミッション(数値)になります。umask値が「0022」であれば、ファイルは「666-0022」=「644(rw-r--r--)」、ディレクトリは「777-0022」=「755(rwxr-xr-x)」となります。

$ touch testfile
$ mkdir testdir
$ ls -l
合計 0
drwxr-xr-x 2 north north 0  2月 23 21:47 testdir
-rw-r--r-- 1 north north 0  2月 23 21:47 testfile

現在のumask値は、umaskコマンドを実行すると表示されます。

$ umask
0022

umask値の設定は、~/.bashrcファイルで行います。このファイルに、次のような設定を記述しておきましょう。変更は、次回ログイン時から適用されます。

umask=0022



0 件のコメント:

コメントを投稿